アクセスカウンタ

身体詩TAICHI-KIKAKU

プロフィール

ブログ名
身体詩TAICHI-KIKAKU
ブログ紹介
コートジボアール、ベトナム、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イスラエル…
TAICHI-KIKAKUは、世界20カ国を駆け巡り、
公演やワークショップをつづける身体表現グループです。

身体詩(BODY POETRY)とは、
あらゆる生命にそなわっている「気エネルギー」の存在と交流を
表現の中心に置いたまったく新しい「言葉を超えた演劇」です。

12月には東京で新作公演「金色の魚〜輪廻〜」をやります。

zoom RSS

お休みのお知らせ

2005/12/15 09:50
ちょっと、このブログお休みします。

ライブドアでブログやってますので、そちらへどうぞ!!
http://blog.livedoor.jp/taichi_kikaku/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


無事公演終了

2005/12/14 07:48
無事公演終了しました。
お客様、関係者の皆様、ありがとうございました。
来ていただきながら、バタバタしていて
きちんとご挨拶できなかった方もいらしたかと思います。
どうかご容赦下さい。

近日中に、公演写真や、アンケートなどアップします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


中田のつもりが…

2005/12/07 09:36
髪を過激に切った!
サッカーの中田のつもりが、なぜかお笑いの
ハナワを思い出して仕方ない…


今日積み込み、あす小屋入り。
ちょっと忙しいので、しばらく書けないかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「2001年宇宙の旅」をまたみたくなった

2005/12/05 10:48
画像
















写真は今回使わなかったベトナムの映像。
トンネルを抜けて光の中へって、
臨死体験とかの話によく出てくるイメージですよね。
ちょっと面白い映像だったんですが…

なんか「2001年宇宙の旅」をでかいスクリーンで
みたくなりました。

今日は本番前の久々の稽古休み。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


またまたタイ料理

2005/12/04 12:30
また稽古後にタイ料理の店に行った。
珍しく混んでいて忙しそうだった。

しかし、この店の雰囲気は変わらない。

隣同士仲良く並んで(つまり向かい合わせではなく)
おいしそうにトムヤンクンを食べる老婦人二人。
なにか音楽でもやっていそうなスキンヘッドの若者カップル。
珍しく小さい子二人を連れた家族連れは、
隣の外国人となごやかに話している。

この店では、日頃の憂さを晴らすサラリーマンの愚痴や、
自慢話やきどった会話、大騒ぎする酔っぱらいをみかけない。

みんなリラックスして食事を楽しんで
「おいしかったね」と微笑みを浮かべて帰って行く。
だから、また来てしまうのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


40年後の走馬灯

2005/12/03 12:21
今回の「金色の魚〜輪廻〜」を40年後に再び観てみたい。

10年前の映像はその年月を感じさせるのだけれど
さらに40年間撮りためつづけた映像が加わり、
そしてもちろんパフォーマーの肉体にその年月が
刻まれた時、この作品はどうみえるだろうか?

あと40年同じメンバーで
表現をしつづけ、世界を回りつづけること…

ちょっと大変だけど、夢物語というわけでもない。


(写真はちょうど10年前のエジプト)


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


「あるもの」を借りにあるところへ…

2005/12/02 09:59
オブジェづくりをしていたら
急に舞台で使うために「あるもの」がいることになった。

こういう奥歯にもののはさまったような書き方は
舞台を観る人にとってはネタバラシになってしまうから…

で、今日はその「あるもの」を借りにあるところへ…


ところでタイ料理で元気になるというのは
辛い、酸っぱい、甘い、という刺激がそうさせるのでしょうか?
海外で疲れると、よく中華料理屋にかけこむのですが
そこで必ず頼むが酸辣湯(サンラータン)。
酸っぱくて辛いこのスープを飲むと活力がわいてくるのです。

世界中どこに行っても中華はあるので助かる。えらいぞ中国人!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

身体詩TAICHI-KIKAKU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる